原宿竹下通りでバルーンパフォーマンスof 風船職人SHINOの活動報告

風船職人SHINOのバルーンアート活動報告のページ

原宿竹下通りバルーンパフォーマンス&クリスマスディスプレイ

2004〜2009年12月、2011年12月

event111.JPG2009年のディスプレイweb35.JPG2008年のディスプレイevent097.JPG2011年のディスプレイ

原宿竹下通り商店会のクリスマスイベントとして、12月の半ばの土曜日または日曜日にクリスマスディスプレイを飾りパフォーマンスも披露するイベントを、通算で7年、行いました。

大きなサンタクロースは毎年デザインを変えています。でっぷりと作ったりスマートに作ったり。アーチの配色も合わせてイメージを変えてみました。

2004年に初めて行った時には、私はまだ大学院に通いながらバルーンアーティストとしての活動を本格化したばかりの頃です。当時は車を持っておりませんでした。

電車で商店会事務所に早くに入り、そこで準備をして出来る最大限のイベントが、クリスマスツリーの作品を完成させて飾っておき、大きめのトナカイとサンタを現場でライブ制作するというものでした。

パフォーマンスとしてはとても好評だったものの、通行の妨げになるほど観客が集まってしまいました。何度か交通整理をしなければならなかったこともあって、翌年以降はパレードにしたり、ディスプレイを飾ってパフォーマンスは短めにして滞留する人々を流しながら、人が集まり過ぎないように調整しながら行うといった工夫をして、人通りの多い竹下通りに合ったイベントを実施しました。

event_takeshita2004.JPG2004年、竹下通りクリスマスパフォーマンスの最初の年。サンタとトナカイのライブ制作パフォーマンスを終えて記念撮影。event069.JPG2005年、竹下通りにフジテレビショップがオープンしたのでコラボイベントになりました。着ぐるみバルーンを作り、竹下通りをパレードしました。商店会スタッフさんたちはバルーンハットをかぶってます。event070.JPG原宿駅竹下口からすぐの竹下通りの入り口付近で撮影。バルーンサンタクロース着ぐるみ(中の人は風船職人SHINOチームスタッフ)とフジテレビらふ君着ぐるみ(中の人はフジテレビショップの人)

event006.JPG2007年はパフォーマンスを短めにした後に記念撮影スポットとして「みんな記念撮影してってー」と積極的にアピール。貸しバルーンハットも用意して撮影に使ってもらいました。

event_takeshita2007.JPG2008年も前年に続き後ろにアーチが付いて、初年度から比べるとかなりボリュームがアップしてます。たくさん作って配りまくりのパフォーマンスをしました。event_takeshita2009.JPG2009年はクリスマスツリーなどのクリスマス関連フィギュアを素早く作るミニショーをした後に完成品をたくさん配りました。