商業施設の館内演出:クリスマスバルーンアートof 風船職人SHINOの活動報告

風船職人SHINOのバルーンアート活動報告のページ

クリスマスのバルーンディスプレイ

岡山県の大型ショッピングモールに、クリスマスツリーの点灯式に合わせ、クリスマス作品を設置しました。

トナカイの引くソリに乗ったサンタが雪原を進んでいるシーンをつくったディスプレイをはじめ、本物のクリスマスツリーのすぐそばにも大きなサンタのバルーンディスプレイ

雪が積もったお外に出て、ゆきだるまを作っている子ども達。ニット帽をかぶり、セーターを着て、マフラーを巻いて、長靴を履いています。お手てをつないでいる仲の良い男の子と女の子もいます。大きなゆきだるまにはサンタ帽をかぶせ、マフラーも巻いてあげました。

クリスマスカラーのバルーンオブジェをたくさん並べたディスプレイには、雪の結晶の装飾も施しました。

event118.JPG


商業施設での大型展示の場合、閉店後に搬入をはじめ、設置作業は夜中に行います。翌朝のオープン前までに余裕を持って終らせれば良いので、時間はたっぷりとあるのですが・・・

大型店ともなると、搬入エレベーターを他の納入業者さんとシェアしなければならなかったりして搬入だけで1時間以上かかった例もあります。電気の管理が警備会社さんの管轄になるので、作業中に電気が落とされてしまって、詰め所まで照明に関して確認とお願いをしに行ったりと、いろいろなことがあり、スムーズにはいかないのが普通です。

このあたりのことは広告代理店さんや企画会社さんが調整しますが、事前に話し合いした事柄が伝わっていなかったり、事前の情報が間違っていることが多いものです。決めた通りに事が進むことは、なかなかありません。

幸いにも、このクリスマスディスプレイの現場では色々な点がスムーズに進み、夜中のうちに作業も終了。企画会社さんと施設側のコミュニケーションが良くとれていて、警備会社さんにも協力的に対応していただいたおかげです。事前のコーディネートって本当に大切です。

event117.JPGevent118.JPGevent120.JPGevent119.JPG