地元イベントに5年連続の出演of 風船職人SHINOの活動報告

風船職人SHINOのバルーンアート活動報告のページ

町田市の商店街主催イベントに6年連続出演 2011年〜2016年9月

風船職人SHINOは町田市で生まれ育ち、町田市在住です。市の中心、町田駅からすぐの商店街さん主催のお祭りイベントが毎年開催されていて、2016年9月で6年連続の出演となりました。

毎年、ショーをご依頼いただいて、最初の3年間は大道芸のような近距離で見せるショーを披露していました。4年目から趣向を変えてショー半分、抽選会半分の形式に変えました。実演で披露した作品を抽選でプレゼントするショーです。「バルーンアートlive☆抽選会」と名付けました。

軽快なトークに合わせて作り披露したら、抽選券を配って、抽選タイム。お客さんは皆さん、真剣です。「わぁ、当たった!」「あ〜ぁ、当たらなかったぁ」といった声も轟いていました。

お祭りは一般を対象にした公開イベントですから、興味のある人だけがステージの近くに寄って来て観てくれます。用事がある人や興味を無くした人は他の場所へと去ってしまう入退場自由の状態です。こうした状況ではライブ抽選会形式はとてもやりやすいと感じています。お祭りに出演する場合はこの形式を推していこうと思います。

 ちなみに、パーティーなど参加客、招待客を楽しませるクローズドなイベントの場合は、普通にショーをした方が良いです。

 このイベントは小学校の校庭を使って開催されるという珍しい商店街イベントなのですが、4年目の出演となった2014年は大雨で体育館に場所を変えて披露しました。その年以外は天候に恵まれてます。やっぱり屋外の方がお祭りの雰囲気が出て良いですね。ショーは屋内でやったほうがやりやすいんですけれどね。

event20130908.JPG.event20140907_2.JPG.event20140907.JPG

写真上:大道芸のようなかたちで披露するときは、衣装はラフなものを着ています。すぐそばの距離で楽しんで頂ける、この距離感とライブ感が楽しいですね。
写真中:大雨で校庭が大変!
写真下:大雨なので体育館に場所を変えショーを披露。ショーの最後の抽選会です。